nanto-e.com archive

利賀そば奮闘記

利賀の山奥で小さなそば屋を営んでおります。 日々切磋琢磨しながら、生きております。 この道に入りもう26年と経ちました。 毎日が真剣勝負。先の事はわからないが 今を生きるのみ。

帰国

2006年12月05日
ただいまネパールから戻りました。
12日間のリフレッシュ!!。
おいおいと報告します。お楽しみに!!。

3年ぶりのネパール交流旅行

2006年12月05日
11/24
待ちに待った楽しみなネパールへの旅が今日から始まる。
朝9:30分にネパールハウス集合。
いろんな方に見送られネパール研修生にも涙が・・・。
2度とあえないか見知れない別れ。つらいですね・・・。

12時19分:高岡発サンダーバード26号で京へ・・。京都駅では友人がお出迎え。
一次宿へ。「とまり屋」荷物を置きショッピングと夕食。
うしのほねあなざ」京都の友人二人とネパール研修生5人9人で乾杯!!。

京都観光

2006年12月06日
11/25
今日は京都観光で市内周遊バスを利用。
500円で好きなところへいけるとってもお得なバスす。まず最初に行ったのは「京都駅」朝食は


パンサンドとコーヒー。この日は1年で1番の紅葉のピークでバスも満員。
押しつぶされながら我慢して「清水寺」へ。


3年坂・2年坂を下り、京都のネパールレストラン「ヤクレストラン」へ。偶然にも女オーナーがツクチェの隣の「マルファ」村出身で驚いた。意気投合して、マルファの実家に寄っていく約束を・・・。
ダルバート美味しかったです。ミトサー!!


気持ちよく食事を終わり「二条城」へ。
あまりの大きさにみんな驚き、感動。


次に「金閣寺」ゴールデンテンプルへ。
紅葉と金閣寺とてもきれいでした。


17:50分にリムジンバスで関空へ。
19:30分に一緒に行く利賀ネパール連中と合流。

岩瀬店開店1年目

2006年12月06日
富山・岩瀬店を出店したのが去年の今日。
12月6日・1周年
われながらよくやったと思います。
やればできるんだと思いました。
これから雪の季節です。利賀店は4月までお休みします。
(だだし、予約は受け付けます。)
富山・岩瀬店は頑張ります。



これからも皆さん方にはあたたかいご声援お願い申し上げます。 利賀村そばの郷もこの通り雪景色です。





関空からネパール・カトマンドゥーへ

2006年12月07日
11/26
利賀連中と関空で合流し、搭乗手続きをすませ、
食事していると、スミタのおばさんプルコマリさんが見送りに。お別れをし1:26分のフライトでバンコクへ。
バンコク着4:30分。
バンコクでは5時間もの時間があり、うわさに聞いていた世界一大きい空港とはどんなものかと散策。確かに大きいし、またきれい。そしてたくさんの人が働いていて、ショッピング・レストラン当等たくさんあるのには驚きだね。
すし屋もあり、うどん屋・そば屋もあり、レベルの高いのには驚きでしたが、のんびりと過ごせました。

バンコク発10:45分でカトマンドウーのはずが、
空港の都合で1時間ロスあり。11:45分発に変更。
14:30分にトリブァン空港に無事到着。
かなり様子も変わっておりすっきりしている。
マフィストのおかげかな?。
出国手続きを済ませ、荷物を確認したところ1個足りない。H君の荷物がどうも関空から別のところへ行っているらしく明日の14時ぐらいでないと来ないそうで、計画を少し変更です。いつも使う「サンセットビュー」ホテルに到着し、ひろ子さんと3年ぶりにお会いしました。
変わりませんね、皆さん






夕食まで少し時間があったのと小さめのリュックがほしかったので、マネーチェンジ(円からルピーへ)しM君とパターンの町を散策。



ディナーはネパール料理とロキシーで乾杯!!





ポカラへ

2006年12月08日
11/27
みんな興奮冷めやらず、朝6:00早くに目覚め、散歩でもと
パターンまで歩く。今回は裏道でも通りお寺めぐりしょうぜという事で橋まで来ました。
そういえば昨日、川のところで死体を燃やしていて、女の人が沢山泣いている葬式の所に遭遇したので、今日はそこを通って行こうと言う事になりました。きれいに燃えていました。その下は川で、子供達は遊んでいるし、動物も水を飲んでいるし、洗濯もしていて驚いたね。
裏道を通ると面白いね。朝のお寺のお経があり、普段の生活があり、その横でバトミントンやらサッカーやらで遊んでいる。仕事する人、しない人、いっぱいいるね。日本では考えられない。


9時には戻りひろ子さんと打ち合わせ。
Iさんファーストで疲れ気味。今日から始まったばかり。頑張りましょう。ポカラからジョムソンの往復のチケットの確認、トレッキングビザの確認を済ませ、ようやく朝食。ツクチェに向けてのパッキングを済ませ、1:30分にチャーターバスに総勢12人のり出発。途中、H君の荷物が届いているかどうか空港に寄り道。大丈夫でした。届いていました。よかった。さあポカラに向け出発。
途中峠で「スンタラ」買いました。久しぶりに食べミトサーでした。



片道200Kmの道のり。昼食も中間地点でとりました。
良いレストランでね、ビールもぬるかったが、「チャウメン」がとてもおいしかった。ネパール焼きそばです。
思わずみんなでビール10本ほど飲んだね。
車の中はネパールソングで盛り上がり。
ポカラ「モナリザ」ホテルに着いたのが20:00でした。
6時間30分の長いバス旅行でした。
今日は「モナリザ」も忙しかったらしく、食事は「ダルバート」しかできなくそうでそれをと。少しのおつまみ(ぺワ湖のふなの空揚げ・にんにくのしょうゆ漬け・生野菜など・・・。)と麦ロキシーで乾杯。ホテルのマネージャーと従業員の皆さん、遅くまでありがとうございました。
今回ポカラのシンボル「マチャプチャレ」は残念ながら見れずでした。

3年前の「マチャプチャレ」です。

我が地域消防総会

2006年12月09日
今日は久しぶりに利賀店を営業。
夜の宴会の準備に備えての営業である。
岩瀬店は岩原店長に任せて。

お昼3時からは我が地域の消防火元調査見回り。
その後消防総会である。
今年は役員改選で新役員が決定。
新分団長に高倉哲夫さん。
副分団長に米倉清重さん。
部長に野原健史さん。
会計班長に高熊康雄さん。
新班長に米澤正好さん。
同じく久保剛志さん。
また班長の田中幹夫さんは団員に降格。
後は長谷英毅さんと自分は同じくです。

来年は操法大会があります。第2分団のまわり。
役員・団員一同気合を入れて頑張らねば。

総会後はごっつお館ですき焼きで懇親会。
遅くまで盛り上がりました。
皆さんこれからも頑張りましょう!!。

ツクチェへ(パート1)

2006年12月10日
11/28
早朝5:45分にホテルモナリザからポカラ空港へ。
オーバーウエイト少しあり。
7:00にジョムソン空港に向け出発。
18人乗りの飛行機。少し怖かったが無事到着。

空港ではツクチェの偉い人達4人ほどお出迎え。
驚きです。まさかここまで来ているとは。
目の前のホテルで朝食。

さてこれより13kmの道のりを歩き・馬で3時間ほどかけてゆっくり、のんびり、神々の山を見ながら進みます。

向こうの白い山は(ダウラギリ山)



(ニルギリ山)

途中、ツクチェの手前村「マルファ」で休憩。
ここではスミタの友達のレストランがあるので、
ビールで乾杯でした。また新しいゴンパなども見学。

(入り口)


(マルファ村)

金沢そば「相滝」山田さん激励

2006年12月11日
今日は夕方から金沢行き。
福光経由、ぬくもりの森を通り、金沢大学そば通り
白山に向けて18:00には岩原さんと出発。
旧鳥越村に手打ちそば屋「相滝」がある。
ごっつお館で修行した山田さんが主人だ。
久しぶりの再会で、積もる話もあった。
沢山のご馳走が用意されていて驚いた。
奥様と子供さんも元気で何よりです。
お店の調子はと聞くとまあまあだとの事。結構な事だ。
気を長くしてコツコツとやればいつか花開くでしょう。
21時頃には荒井さんも駆けつけてくれ、みんなで乾杯。
良い雰囲気で(少し寒かったが・・・。)楽しかった。
時間が過ぎるのも忘れ、いつしか12時すぎていました

ツクチェへ(パート2)

2006年12月11日
マルファの町を後にして、ようやくツクチェのゲートが見え始めた。驚いた事に、すごく沢山の村人の熱烈な歓迎を受けてしまった。太鼓でお出迎え。花束やらカタやらりんごまで頂いた。うれしい悲鳴である。まさかこんな事になるとは・・・。ひと段落したらホテル「ブルーダイヤモンド」で休憩。このホテルはツクチェから利賀村にお嫁さんに来ている、「ニルマラ」さんの」実家でお兄さんが経営している。きれいなホテルだ。増築したのですね。

(上から見たツクチェ村)
休憩後、お偉いさん方との食事会。なんか変な感じ。
食後、セカンダリースクールに行き子供達に「鉛筆と消しゴム」を140組プレゼント。今日は休みなのに数人の寮生活の中学生が出てきて歓迎してくれた。驚いたね。ありがとう。一通り見学し、次には河川砂防見学をしてくれとの事でお偉いさん方と一緒にカリガンダキ川へ。次にロキシーブランデー工場見学へ。そこではまってしまった。
ついつい飲みすぎて何種類飲んで、味も分かりにくくなってしまった。でもありがとうございました。沢山のもてなしをしてくださり・・・。次に去年来ていた、ツクチェゴンパの娘「ビーマラ」に会いに。彼女はとても歌が上手で日本のPOPソング、エブリリトルスイングの歌を日本語でマスター。一緒によく歌いました。久しぶりの再会に思わず涙を・・・・。(みんなの見えないところで・・・。)


次に野原組のラマさんハウス、最後に当店のスミタハウスに挨拶にと回りました。


夜7:00から公民館でネパールダンスを披露していただきました。えらい気の使いようでかえって申し訳思いました。

9:00にはお開きでホテルに戻り軽めのディナーで乾杯。

兄英次郎利賀に遊びに来る

2006年12月12日
今日は夕方19:00に兄英次郎が遊びに来た。
お店が定休日なので積もる話もあると言う事で
地鶏鍋と冷酒で乾杯。
砺波屋台村に寿司店だして3ヶ月が経ったらしい。
夜3:00までの仕事とにかく大変だそうだ。
体がいつまで持つのか心配している。57歳ですよ。
なかなかお客さんも増えないと心配。
まだまだこれから。家族の為に頑張った下さい。
応援します。

ツクチェのんびり1日

2006年12月13日
11/29
利賀村を出発して早5日が経った。
今日はツクチェ村をのんびりと自由行動。  
朝6:30に起きシャワーする。カリガンダキ川に出、
ダウラギリの朝日を見る。


8:30には村のお偉いさんと紹介兼ての
ブレックファースト。
パイナップルエッグにポップコーンにチャー。
食後館内案内。

後は各自自由行動。バイクを借りて村内を走る。
スミタの家に行き、コーヒー時間。
山の上の墓を見に行こうとしていたら、ラマさんと会い、
一緒に行動。シャムさん夫婦とも合流。(何年か前に利賀で仕事している。越飛建設だったっけな?)

(お墓)


H君と三人でもっと上の山まで登る。(シャム夫婦と)


(上からのダウラギリ)

(上からのニルギリ)

(始めて見るダンプスピーク)
いや〜素晴らしい景色ばかりで感動の体験。
またツクチェ村民の野菜畑やりんご園などたくさんあるのには驚いたね。これぐらいの高さでないと良いものができないそうだ。とにかく上は暑い。
降りる途中になにやら、ラマさんがビレンドラさんの畑から掘り起こしているじゃありませんか。
何かと思えば人参。勝手に取っているとH君と笑っていたのだが、どうやら我々に食べろという事らしい。自分のミネラルウォーターで洗い、皮付きで食べた。甘い〜。
こんなにも人参って美味しい物なのかとH君と感動。
ラマさん疑ってごめんね。神の恵みに感謝。

12時からビーマラのゴンパでお昼を用意しているらしく
ご馳走にあずかりました。お昼からのビール美味しいね。

タカリダルバート。羊とかぼちゃのダルスープ。
チキンカレーにタトパニ付き。2杯も食べてしまった。
1時頃にターサンビレッジホテルのアルジュンさんが来村。久しぶりの再会感動。少しお話して夕方合いましょうとお別れしました。
2時30分からはツクチェバレーボール寄せ集めチーム対利賀バレーボール寄せ集めチームとの国際親善交流試合。
9人制で(ツクチェはいつも6人制。利賀チームの為に変更)25本2セット(時間の都合で)
外での試合だからかなり難しい。暑いし。2700mの高さだし。結果は負けました。あのセッター兼アタッカーのホールディングには参りました。ツクチェルールはありだそうだ・・・。次回リベンジには絶対勝つ!!。
とても楽しかった。みんなありがとう。

4時からはラジタハウスで食事とロキシーでおもてなし。

5時からはアンジュハウスでおもてなし。

5時30分からはランバルサさんハウス。
6時にはスミタハウスでデイナー。
7時30分にはサンジーブホテルで。

何軒も何軒も回り、ロキシーいっぱい飲みました。
クルクルと回っています。
泊まりはスミタハウスとサンジーブホテルに分かれて。
本当にみんな親切な方ばかり。すごく気を使ってくれてとてもうれしい。これも利賀村の昔からの方々の恩恵だね。

祠堂

2006年12月14日
今日はお昼から中島家のお寺さん、砺波にある「真光寺」住職にお会いしてきました。最近母が、死んだ父が枕元に出てくるから弱ったと相談に。住職さんはすべて自分の心のなかにあると説得。お釈迦様にただ念仏を唱えればと。どうにか収まったみたいです。がまだ不安です。年をとると心が弱くなるんですね。可愛そうだ。息子はサポートしなくては。それと父の供養と寄付の「祠堂」もお願いしてきました。1月後半に計画しております。
人間が死ぬといろんな事が見えてきます。
いろんな事をやらなくちゃいけません。
南無阿弥陀仏・・・南無阿弥陀仏・・・。

親戚のおばあちゃんのお通夜

2006年12月15日
今日は天気もよく気持ちの良い日でしたが、
上利賀振興会の役員会も欠席で、夜7:00〜富山シティホールで兄の嫁のおばあちゃんのお通夜に出席しました。
町は簡素なお通夜です。でも息子喪主の挨拶は良い話でした。頑固な母親だったらしく、かなり苦労したみたいですね。98歳の最近まで医者の世話になった事がないそうです。頑固だからでしょうね。ホテル経営していたみたいです。驚きです。おばあちゃん、あの世で楽に暮らして下さい。さようなら。

富山そば研究会忘年会

2006年12月16日
今日は朝からあわただしく、仕込みで忙しい。
お昼のお客様も天気が悪いのにもかかわらず、
たくさんお出で下さいました。
3時には富山そば研究会の荒井さん・森さん・大橋さん3段位が、夜の忘年会に皆さんに食べていただくそばを打ちに来られました。
ざるそば・かけそば・ぜいたくそばをそれぞれ1.5kg。
上手になりましたよ。皆さん。やはり数ですね。
そうこうする内に5時には皆さんお揃いで忘年会。
稲垣会長の挨拶で始まり。
本日のメニューは。

前菜 青豆豆腐なんば味噌かけ
   豆腐の味噌漬けフランスパン添え
刺身 メジマグロ・キジ海老・あおり烏賊
   ひらまさ・すずきの五種盛り
煮物 鴨入りそばっころ煮
揚物 赤鰈の空揚げポン酢添え
焼物 豆腐の牛肉巻かえし酢かけ
蒸物 ゆりね万頭蟹あんかけ
蕎麦 3段位合格蕎麦

など。

お酒は田尻さんで購入。
満寿泉の平成15年もの純米大吟醸を森さん・大橋さん
3段位合格記念で皆さんに振る舞い酒。
ちなみに1本1万円はします。飲ませてもらい旨さ抜群。
皆さん満足していただきうれしく思います。
ありがとうございました。

ナウリコット〜コパンへと

2006年12月17日
11/30
朝の10時にツクチェ村からラクシュミリ村へ。
セカンダリスクールにより、学校の先生に
子供達のお土産渡す。鉛筆と消しゴム。


その後ナウリコット村を通り近くの山の湖目指して出発。
湖ネームは「ショクンレイク」2725mの所にある。
「ショクンレイク」の周りには、ニルギリ・ダウラギリ・ツクチェピークが目前までそびえ、威圧感感じました。
丁度お昼で、去年利賀に働きに来ていた「ビム」さんが、
日本のおにぎりとビールと地鶏の空揚げ・サラダなど担いで持って来てくれました。ホテルが近くにあるので簡単に持ってこれるんだなと思っていたら、後で分かったのだが地獄のような道を通って来たのです。
最初湖まで行く事を、みんな、かなり簡単に思っていたらしく、こんなはずではなかったと反省。
とにかくアップダウンの繰り返し。経験したもんでないと分からないでしょう。とにかくきつかった。


(とにかく美味しいおにぎりでした。最高と感激!!)
さすがにビールを飲んだ後のホテルまでの道もかなりきっかった。最後のへんは体が動かず、サンジーブとスミタに押してもらう始末。やくしえん!!。
14:30分にアルジュンさんのホテル「ターサンビレッジ」に到着。




良いところにあります。山の上です。
ニルギリ・ダウラギリ・ツクチェピークすべて見えます。
簡単にシャワーを済ませ、16:00にコパン村のマンジーラハウスへ。ここでもディナーの準備をしていてかなり熱烈な歓迎を受けました。驚きです。びっくり。

コパン村

かなり疲れている二人。
タカリ族のおもてなし料理の1部を紹介します。
お米のパン
(シェルロティー)砂糖とバターで味付けし
ネパール米を油で揚げる。
お米に甘みがありビールのつまみには最高。

お米のお菓子
(ジ二ヤー)オレンジカラーレッド色子が使ってあり
ライスペースト使用。さっくりしていた。油で揚げる。

地鶏の空揚げ
ネパールの鳥はとにかく美味しい。実がしっかりとしていて甘みとうまみが凝縮している。日本で食べるブロイラーは鳥じゃないね。
辛めに味付けしてあり、ロキシーに合う。

野菜サラダ
ミニたまねぎとても辛い。きゅうりと人参甘い。
大根も甘い。とにかく旨い。

大根と人参の漬物
どんな作り方かわからないが、日本の漬物とは感覚が違う。サラダのような味付け。黄色いマサラを使用。

ソーセージ
見た目はかなりグロテスクだが、詰めてある物はそば粉とヤクの血。不思議な味だがとても栄養がある。ボリュウムもあり、不思議と美味しかった。
ネパール餃子モモ
ネパールではかかさない伝統料理。
どの家に行っても必ず出てくる。その家により味付けが違う。肉も違う。この家の肉は多分ヤク?かな。すごく肉に力強さがある。肉汁もすごく美味しい。皮ももちろん自家製。あ〜思わずたくさん食べすぎ。元気バリバリ。
大根と肉のスープ
おもったより、おもくなく、あっさりしていて美味。

マンジーラのお母さんや親戚の方、
たくさんのおもてなしありがとう。

マンジーラとマンジーラの兄弟や母親はとても
可愛そうなのです。
父親がマンジーラ5歳の頃、韓国に働きに行ったきり
行方知らず。
どうも女性ができたとのうわさで、早18年ほど帰って来てないそうです。それに絶えながら母親は子供3人育てている。ぐれる事無く、まっすぐに育っている。
日本では考えられないに。とっくに離婚ですよ。

2時間ほどお邪魔して、丁重にお礼を言い
ホテルに戻り、アルジュンさんに人生について、愛についてのお話をいただきました。
人生はお金じゃないよ、愛だよと。
今日1日考えさせられる事ばかりでした。
あ、そうそう。夕方からズーと電気がつかずで
ろうそくの中での生活でした。これも結構いいかも。
ふとんの中では月の光を見ながらおやすみ。
周りの山々は月の光で神々しく見えました。

利賀村商工会役員会&忘年会

2006年12月18日
12月は利賀店も岩瀬店もあんまりお客様の動きがない。
雪と寒さの影響だろうか?。
お昼だけの営業ではかなり厳しい。
何か打開策を見つけないとしんどい。

今日は夕方18:30〜雪の庄屋で利賀村商工会役員会が
開かれました。監事として出席。
また城岸会長が南砺市市会議員なので副議長就任という事で祝賀会兼ねての忘年会となりました。
本当におめでとうございます。尚一層頑張って下さい。
平成22年には商工会も合併は避けられません。
南砺市は7商工会があります。どんな編成になるのでしょう。必ず支所の必要性があると思います。
また、無ければ活気もなくなるでしょう。
どんな方が役員になられるか分かりませんが、
しっかりと事業者の意見を反映して行動して欲しいと願います。終了後忘年会で、かにすきを食べました。
タラバガニの。美味しかったです。薄味で。思わず飲みすぎ。

ごっつお館忘年会

2006年12月19日
今年もあとわずか。
お店もどうにか維持できホッとしております。
これもひとえに働きに来ていただいている、
皆さん方のおかげ。感謝しています。
慰労を込めて今日は忘年会を開きました。
忘年会といっても簡単な事しかできません。
全員で9人です。
利賀を11時に車で出発。高岡イオンで昼食。
その後みんなで映画「硫黄島からの手紙」を見ました。
渡辺兼主演の戦争映画。
それぞれどんな想いで見ていたのでしょう。
久しぶりの日本映画でした。感動と恐怖を見ました。

夕方からは兄「英次郎」酒肴庵にて忘年会。
みんなで寿司をつまみながら1年間のお思いを
語りました。来年もまたよろしくお願いします。

消防役員会

2006年12月20日
今日は利賀店で夜の予約の準備。
消防第2分団の役員会だ。
班長として自分も加わり、平成19年の南砺市出初式・分団出初式・新年宴会・南砺市長と南砺市消防団長巡回の事など準備の協議。また来年の分団役割分担や連絡体制・活動方針などについての協議。消防設備管理分担などについてなど。自分の地域は自分で守る。消防の基本ですね。
積極的にできる範囲で協力していきたい。
これからますます寒くなるので、巡回に力を入れよう。

年賀状書き

2006年12月21日
毎年の事ながらこの時期になるとしんどくなる。
年賀状書きだ。300枚は準備している。
去年は喪中で書かなかったが、今年は何がいいだろう?
来年の干支は「いのしし」自分の年だ。
できることなら、いろんな事にチャレンジしたいと考えるが、なににしょうか・・・。
まあ、年末に考えるとしようか。

利賀村ビーチボールサークル忘年会

2006年12月21日
久しぶりのビーチボールサークル練習会で体が鈍っているのが分かる。飲んでばかりいるのが良くないのだろう。
この時期は忘年会が毎日のようにつづく。抑えては飲んでいるのだが、ついつい話に弾みがつくとはいってしまう。
気をつけようといいつつ、練習終了後は忘年会でした。

ツクチェよさよならムクチナートへ

2006年12月22日
12/1
ダウラギリの「来光」見るために朝6時位に起き、屋上へ。
チャーを飲みながらしばし見とれている。


7時半にそばの朝食。8時にはツクチェ向けて出発。
約1時間30分かけての到着。
各家をまわり、涙の別れ。お土産たくさん。さようなら。


ムクチナートへは今回バイクで行く事に。
もちろん運転手つき。総勢16名で出発。


顔にはサングラス、口・鼻を覆うマフラー。頭には帽子と。体には何重にも汚れても良い服をとかなり重装備を。
別れを惜しみながら、ジョムソンの街中を通りながら、急な上り坂や凸凹道など経て、カクベニといくつかの町を通りすぎ、途中コーヒータイムで休憩。日差しの暑いのには参ったが、ジュース美味しかったね。


目的地ムクチナートに着いたのは12:30分。
丁度昼飯時。レストランで食事。みんなチャウチャウ(ラーメン)食べたかったみたいで早速注文。日本の物とはかなり違うが、美味しかった。久しぶり。ビールも。
3,760mの味は違う。利賀村人では初快挙の乾杯。


みんな幸せでしたね。その後もうちょっと高いゴンパ目指して歩いて見学に。それがかなりきっかった。酸素が少ないと感じたね。ゴンパは1,700年程前からのヒンドー教のお寺。108ある煩悩の水を一つづつ手にとりながら時計方向に回り、中に入りお坊さんにお経をあげていただきながら、ティカを額に塗られまた時計方向に回る。
みんなのこれからの人生運が良いかも??!!。


3:30分には出発。日が暮れればとても寒くなるので急いで出発。案の定途中バイクでコケルS君。びっくりでしたね。でも怪我も無くどうにか夕暮れまでにはジョムソンに到着しました。今回は、はたから見たらかなり危険なバイク旅だった事だろうと思うが、自分達には危険が望む所でした。日本に無いスリルがありましたね。




家族の事考えると申し分けないが・・・。
5:30分にはジョムソンスノーランドホテル到着。
シャワーし砂埃を落とした後、ビーマラの妹レストランでスミタ・ビーマラ・ビーマラ弟などと懇親会。
レストラン壁には友好の証のしるしのサインを!!。




年末寄り合い

2006年12月23日
今日は良い天気。雪の降らない冬である。
ありがたい事だ。毎年毎年こうであればいいな。
お昼14:00から坂上地区の万雑寄り合い。
区長・区長代理・隣保班長・諸役の新旧交代である。
坂上は世帯が大きいので、かかる時間が長い。
3時間30分の寄り合いでした。
高倉哲夫前区長さんご苦労様でした。
新区長の米倉清重さんと新区長代理米澤秀起さん1年間ご苦労様です。自分も新隣保班長としてバックアップさせていただきます。頑張りましょう。地区の為に!!。

バトミントン日本リーグ高岡大会

2006年12月24日
今日は朝から娘と娘の友達と高岡市民体育館へ
バトミントンの日本リーグ高岡大会を見に行きました。
男子女子共にさすがにプロです。白熱した試合で驚きの連続。思わず肩に力が入りましたね。
男子1位は「ユニシス」チーム。2位は我が富山「トナミ運輸」チーム。3位は「NTT」チームでした。
女子1位は「三洋電機」2位は「ヨネックス」でした。
男子はスピード、女子は華麗さ。
子供たちもこれを見ることによりモチベートしてくれれば良いのだが・・・・。
夕方までの観戦。中は寒いが、熱気で熱い。
楽しいひと時でした。

ジョムソン〜サンセットビューヘ

2006年12月28日
12/2
今日はカトマンドーに帰る日。
スミタとビーマラにお別れし、
ジョムソン空港にチェックインしたのが8:00。
しかしなかなか飛行機が来ない。強風のせいらしい。
ようやく来たのが10:00過ぎ。相変わらずだ。


ポカラでカトマンドー行きに乗り換え、11:15に無事到着でした。タクシーでサンセットビューホテルに入り、
久しぶりの日本食で乾杯!!。天丼にざるそば、うどんなど食べ満腹。3日ぶりのお風呂に入り垢がたくさんでることでること。お風呂はありがたいね。

夕方からはアンジュのおばさんの家に招待を受け、みんなでパーティー。柿原さんも元気そうに居候してました。
タカリスタイルパーティーです。美味しかった。



ネパール旅行報告会

2006年12月28日
今日は朝から夜の予約のお客様の仕込みに追われ
てんてこ舞いに1日でした。
ネパール旅行から帰って来て、早4週間余り経とうとしてます。デジカメの写真やらビデオなどの編集が出来ていたので有志皆でビデオ報告会。
ネパールに興味のある方もお誘いしての上映会でした。
ビデオなんか7本もありゆうに5時間?位見てましたね。
おかげさまで、ロキシーもいろんな種類飲めて満足。
日本で飲むと違う味がしますね。やはりネパール特にツクチェで飲むのは格別に旨い!。
Kさん・Kさんご夫婦ありがとうございました。
楽しかったでしょうか?またやりましょう!!。

皆が変える頃玄関に出てみると驚き。
なんと50cm位雪が積もっているじゃありませんか!!。
一晩でこんなにも降るとは予想してなかったです。
除雪の方々大変でしょうが、お願いします。

利賀・大勘場火災発生

2006年12月29日
早朝4:30、消防団員に火災発生の連絡が入り飛び起きた。どこが?とドキドキしながら聞いていたら、大勘場の藤井登さん宅と伺いこれは大変だ、昨日の雪で行けるのか?と、着替えすぐさま屯所に行き5人ほど集まったので、ポンプ車を運転し急行。田の島あたりに来たらまだ除雪がしてない。困った。そこへ前から上田組の除雪車がうまい具合に来たので、先導をお願いした。だが除雪車は早いわけにはいかない。その内に救急車・パトカーや他の分団も後続。40分ぐらいかかりようやく到着。だが、すでに全焼寸前。急いで池に吸管を入れホースを延ばし放水。
他の分団もそれに続く。幸い死者は出ずほっとした。
ご主人一人だけでした。夜中の3:30頃に気づいて隣の東さん所から行政センターに連絡したが、電話が通じず、駐在所へ。それからK・Tさんに連絡すぐさまK・Tさんに連らして、行政センターから消防団員に連絡。
どうも連絡体制が悪いのか、連絡が入るまで時間がかかり過ぎる。鎮火は8時頃だったかな?他の分団撤収して我が第2分団は9時頃まで待機。その内に現場検証があり終了後、屯所に戻り機械器具点検・不凍液注入・ホース巻きなど、簡単な食事をし解散。
今回はいろいろ自分で反省する点がある。
冬の夜のポンプ車で行く時は、まず完全防寒。
慌てずに冷静に着替えて確認。防水手袋必要。
1人では行かない。5人ぐらい集まって出発。
スコップ・スノーダンプ必要。電気の大きいのが必要。
水利のマンホール開けるフック必要。
それと今回一番の反省は、燃料だ。
燃料が半分以下しかない事に気づく。
水は何時間も出しっぱなしなわけで、途中で燃料切れたら大変な事に。前もって必ず満タンを心がけよう。みんなも。結局タンクローリー車に来てもらい給油。助かった。
ギリギリセーフ。あと不凍液は冬場必ず入れる。
機関員という役職いただいているので勉強しなくちゃ。

お店の方は利賀店年越しのそばの注文が沢山あったのだが、I店長の機転でクリアー。
岩瀬店も予約がありこちらもマイワイフの機転でクリアー。
しかし雪国での災難はシビアですね。
今回は本当に教訓しました。

年越しそば

2006年12月30日
今日は年越しそばの注文のピークである。
県外・県内と利賀そばファン多い。
朝からハイピッチでそば打ち。
そば打ちが終われば、箱詰め。梱包。
結構手間のかかる作業。宅配便もばかにならない。
クールで送らないと、もしもの場合面倒な事に。
毎年の事ながら年越しそばは特に気を使う。
31日の夜には利賀そばを食べ、1年間御苦労さんでしたとの言葉が家庭の中から聞こえそうな気がします。
人様のお役に立っている喜びを感じます。
さて明日1日〆のそば打ち頑張ります。

マウンティンフライトと最後の夜

2006年12月30日
12/3
早朝5時半に国内空港に向かい7時からフライトの予定だったが、風が強いとの事で時間延長。
2時間遅れの9時にフライト。
1時間のフライトでヒマラヤ山脈をルッキング。
14人乗りの「ブッドエア航空」機でこれが1番近くまで行けるそうです。
世界一高い「エベレスト」が見れて感動!!。
天候にも恵まれ最高の日でした。



お昼からはモンキーテンプル見学。

タメルの町をショッピング。
夜はダンスレストランに入りショーを見学。

楽しい新たなカトマンドーの夜を知る事ができました。
明日はいよいよ出国。寂しいね・・・。
今度いつみんなと会えるか分からないが再会が楽しみだ。
3年に1度は行きたいね。さようならネパールよ。





大晦日

2006年12月31日
今年も今日が最後である。
去年のデーターでいくと岩瀬店はあんまり忙しくなかった。のにとんでもない忙しさだった。
3人でてんてこ舞い。
年越しの注文もあるし、お客様はわんさか来るし、
まいった参った。でもありがたい事です。
今年1年、皆さんありがとうございました。
来年も頑張ります。
来年は岩瀬店2日から営業します。
お待ちしております。
作者 : nakajimaya

利賀そばを全国に広めようと日々奮闘中。 仕事以外にもできることに積極的に参加。 人と人とのつながりを大事にしていきたいですね。

2014 年
1
2
3
4
7
8
9
10
11
12
2012 年
1
2
3
4
5
6
8
9
10
11
12
2011 年
8
9
10
11
12
2010 年
2009 年
2008 年
2007 年
2006 年
1
2
3
2005 年
1
2
3
4
5
6
7
8
10
11
12

なんと-e   このサイトに関して
2006年より2015年まで運用しておりました「なんと-e.com」のブログをアーカイブとして公開しております。
掲載内容はブログ投稿時の内容によりますので情報によって被った損害、損失に対して一切の責任を負いません。
公開期限は2020年を予定しておりまが、予告なしに変更又は削除する場合がありますのであらかじめご了承ください。